レジンコンクリート製品の製造と加工なら日本量水器工業株式会社へ。

会社案内

会社案内

日本量水器工業では
レジンコンクリート製品の
製造加工、販売を
行っております。
トップクラスのクオリティの
高さのレジンコンクリートの
製造加工に特化した会社です。

会社概要

商号
日本量水器工業株式会社
代表者
代表取締役 佐原章允
所在地
〒334-0013
埼玉県川口市南鳩ヶ谷3-19-11
TEL
048-282-1829
FAX
048-285-9556
創業
1948年09月
資本金
1,000万円
事業内容
上下水道用資材、レジンコンクリート製資材、レジンコンクリート製車止め製造
主要納品先
各、都道府県上下水道局
主要取引銀行
川口信用金庫 本町東支店
武蔵野銀行 川口支店

沿革

昭和22年 3月
川口市朝日町にて創業
昭和23年 9月
日本量水器工業株式会社を設立
昭和28年 4月
東京都水道局型式承認、認定工場となる。
メータボックス、仕切弁筐の製造販売。
昭和57年 5月
レジンコンクリート製品、製造に関わる技術開発し試作を開始。
昭和59年 1月
レジンコンクリート製造に係わる技術を確立し各種製品テストJWWA-K148に準じ行う。
昭和59年 8月
レジンコンクリート製品試験(日本水道協会規格)に準じ行う。
昭和60年 1月
レジンコンクリート製、消火栓、空気弁、仕切弁、ボックス(下枡)を量産的に製造開始する。
平成 2年 2月
レジンコンクリート平面仕上げ用、研磨機を導入。
平成 4年 5月
レジンコンクリートの成型方法及び成型金型の特許を取得。
平成 6月10月
平面仕上げ用、研磨機及び集塵機を追加導入。
平成13年 6月
レジンコンクリート製造工場を川口市朝日町から川口市南鳩ヶ谷に移転、天井クレーン3基製品昇降用ホイスト1基導入し重量物製品も製造可能とした。
平成16年 3月
リサイクル製品への取組みとしてゴミ焼却後に排出される焼却灰(熔融灰)を再利用した製品の開発、その1つである盗難防止装置付車止を開発し特許及び意匠登録を取得。
平成18年10月
川口商工会議所
挑戦するモノづくり企業に指定される。
平成20年 8月
日本水道協会検査工場認定工場を取得
登録番号 第B-173号
平成21年 7月
財団法人川口産業振興公社
川口挑戦するモノづくり企業に指定される。
平成22年 3月
下水道マンホール用
緊急災害用トイレカバーを開発

アクセス

ACCESS

住所:〒334-0013 
埼玉県川口市南鳩ヶ谷3-19-1

電車でお越しのお客様 :
埼玉高速鉄道 南鳩ヶ谷駅 徒歩:10分
お車でお越しのお客様 :
首都高速川口線 新郷インターから8分

ご質問 ご相談 ご依頼

お気軽にお問い合わせください

上下水道用管路敷材・建設用機材(レジンコンクリート製資材)盗難防止装置付車止め 非常用仮設トイレ等

日本量水器工業株式会社商品画像
menu