レジンコンクリート製品の製造と加工

日本量水器工業は、昭和23年創業以来、モノづくりの町 川口において
水道メータ枡(量水器)を永く伝統あるセメントコンクリートを使い製造販売してきたが、
昭和60年、新素材である合成樹脂(ポリマー)を結合剤としたレジンコンクリートに着目し製造技術、配合技術を独自に確立し、いち早く導入している。
レジンコンクリートはセメントコンクリートと比較して機械的強度が強く成型性に優れているため
薄肉軽量化が可能で耐摩耗性や耐薬品性に優れた特質を持ち、さらに着色が可能でデザイン性に富む特質を有している。
日本量水器工業では、レジンコンクリートの特質を活用し
上下水道鉄蓋マンホール下枡、消火栓・空気弁・仕切弁等下枡の製造販売をしています。

盗難防止装置付車止め「からまわり君」

2本の回転ローラーの上に車輌をのせ駐車し、回転ローラーをフリー状態にすることにより、車輪がからまわりして車輌が発進できない装置です。

詳細はこちら

新着情報

2014.02.27
ホームページをリニューアルしました。

ご質問、ご相談、ご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

  • ・ 上下水道用管路敷材・建設用機材 (レジンコンクリート製資材)
  • ・ 盗難防止装置付車止め
  • ・ 非常用仮設トイレ等